風の羅針盤 | Destination of winds.

【レビュー】Leebotree 自動開閉折り畳み傘が木目調でオシャレ!

time 2016/11/01  所要時間:約 3

【レビュー】Leebotree 自動開閉折り畳み傘が木目調でオシャレ!

雨の多い北陸では、傘は必須です。

ってこのブログでは何度も言ってきた気がしますけど、朝家を出る時に陽が差していても、会社につく頃には雨がパラパラ・・・なんてことがホントに珍しくないのです。

とは言っても、毎日長傘を持ち歩くのはとっても邪魔なので、ワタシは家を出る時に晴れていたら長傘は持って出ません。

というわけで折り畳み傘。以前レビューしましたAmazonベーシックの折りたたみジャンプ傘をひらくPCバッグminiに大抵は入れて出勤するのですが、コンパクトさを追求しているせいか、ちょっと柄が小さく実際に挿すときに安定しません。

風に強い!Amazonベーシック傘をひらくPCバッグminiに入れてみた | 風の羅針盤 | Destination of winds.
もうすぐ春ですね。

学校の卒業式が終わり、気候もだんだんと暖かくなってきました。

福井の桜の開花は3月29日ごろの予想だそうです。

でも、北陸の冬はまだ終わっていません。

北陸…

 

撥水も落ちてきたし、そろそろ買い替え時かな・・・と思っていたところに、Leebotreeさんからちょっとオシャレな折り畳み傘を提供いただきましたのでレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

Leebotree 自動開閉折り畳み傘

折り畳み傘って、昔から手動のものが多かったと思うのですが、最近は自動で開閉するジャンプ傘が多くなってきました。

easy_touch01

今回の傘は何と言っても、柄の部分が木目調でオシャレです。まるで「クラウンのシフトノブ」のようです。あんまり伝わらないかなあ(笑)

 

easy_touch02

傘のケースも付属。色はちょっとブルーが入ったグレーと言う感じでとても上品な色です。我が家にある傘は黒ばかりなので、柄の木目調とのコントラストがキレイな感じでいいですね。

 

easy_touch03

Amazonベーシックの傘と比べると、サイズは柄の部分がちょっと長い以外はほとんど一緒。折りたたむととってもコンパクトです。

 

easy_touch04

傘の骨の数も一緒で8本。強風には勝てないかもしれませんが、華奢な感じは全くしませんよ。

 

easy_touch05

開くとほとんど同じ大きさです。こうして比べると、かなり色が違います。

持ち手が大きく、グリップ良好!

そして持ち手の柄の部分。ちなみにこちらはAmazonベーシックのほう。

easy_touch06

小さくて場所は取らないんですけど、傘をさす時はやっぱりちょっと持ちにくいです。風があったりすると、傘を両手で支える羽目になります。

 

easy_touch07

そして今回のLeebotreeはというと、成人男性の手でもしっかりと手のひら全体で傘を支えることが出来るほど長さがあり、太さもちょうど良いです。

あと、やっぱりボタンを押すと自動で閉じてくれるのは、右手に荷物を持っているときなどはとても便利です。ビショビショの地面に荷物を置かずに済みますから。

 

easy_touch08

そうそう、傘をまとめる紐の部分、Leebotreeはボタンなので、ベルクロテープのように吸着が弱くなることもなさそうな点もポイント高いですよ。

 

そして差し終わったら、マイクロファイバー傘カバーに入れちゃいましょ!

easy_touch09

 

マイクロファイバー傘カバーのレビューはこちら

マイクロファイバー傘カバーでひらくPCバッグminiに濡れた傘を収納 | 風の羅針盤 | Destination of winds.
雨が止んだら。

できれば両手を自由に歩きたい。

表を出歩くとき、私の肩にはひらくPCバッグminiがいる。

http://www.omoide-soko.jp/apps/wordpr…

 

コレならバッグの中を濡らさずに、スピーディーにバッグに収納できます。実に効率的です。

ひらくPCバッグminiにもさっと収納可能ですよ!

easy_touch10

 

さいごに。

これから北陸は雨や雪の日が徐々に多くなって、傘の出番も増えてゆきます。気温も低く、風邪も引きやすくなりますから、しっかりと準備はしておきたいものです。

大人の男性にはイイ感じのデザインで、プレゼントにも最適じゃないでしょうか!?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事



スポンサーリンク