風の羅針盤 | Destination of winds.

【きょうのちゃぼP】牛乳石鹸CM炎上について思うこと

time 2017/08/17  所要時間:約 3

【きょうのちゃぼP】牛乳石鹸CM炎上について思うこと

こんばんは。ちゃぼ(@chabo0429)です。

久しぶりにブログらしい書き込みですが、時間が開いてしまってスミマセン><

まあ、気が向いた時にやるってことで、広い心で受け止めていただけるとちゃぼさん幸せですので何卒お許しを^^;

 

で、なんで久しぶりに書こうかと思ったかといいますと、なにやら牛乳石鹸のWEBコマーシャルが炎上しているというのですね。

まあ、公開が6月ですから、2ヶ月後に炎上するというのはCMとしての効果はどうなの?という問題は別にしましてですねぇ・・・

まあ、何がいいたいのかわからないとか、男目線すぎるとか、洗い流すのが奥さんの方なら理解できるとかいろいろ書かれているようです。

ヤフーニュースにもいろいろコメントが殺到しているみたいですけど、まあ女性の立場、お母さんの立場からすればたしかに微妙ですよねえ。

 

念のため描いておきますが、このCMの奥さんには全く非はありません。なので責めることは何一つありません。

むしろ、これだけ見たら、約束反故にして子供の誕生日だというのに接待でもないのにミスして凹んだ部下を飲みに誘って夜遅く帰るダメパパ。そんなパパの心の澱を石鹸で洗い流すってなんやねん、て思ってしまいそうです。

 

でも私は40すぎのオッサンですから、この父親の気持ちはなんとなく共感できます。

私の少年時代は当然昭和。そりゃ時代が違いますから前提が違いますよ。40年前が今と同じ世相だったら、その時代のパパたちだって今のパパのように家事にも育児にも参画していたでしょう。

 

ただ、少年時代を昭和に過ごしてきた現代のオッサン世代には、現代のトレンドに対して心の片隅でこっそり違和感を感じてしまいます。

それが何かはわかりません。そりゃ今のほうがいいに決まっているんです。女性がどんどん社会に進出することはいいことだし、男性だって家事分担して育児するほうがいいんです。

世の中便利になって、街はどこもかしこもキレイになって、街中でタバコをスパスパ吸ってポイ捨てする人もいなくなって、新幹線だってクルマだって格段に快適になりました。

そのために社会が変わることは紛れもなくいいことです。

 

ただ、育児もするとか、家事に協力するとか、優しくていいパパでいるとか、そんな父親像はオッサン世代にとっては実体験に基づかない理想像でしかないんですよね。むしろ、実体験では父親からは別のものを得た気がするわけです。

社会の厳しさに立ち向かうということや、男は何かを守るためにどうすればいいかとか、何かそんなことを父親から得ていたんじゃないのかなと思うわけです。そして慈しみや優しさを母親から得た気がするのです。

 

このCMの子供があと何十年かして、自分が父親になった時に、自分のことを思い出してくれるんだろうか、「父親からこんなことを得た」と考えてくれるんだろうかとか、やっぱり男としては考えてしまうんじゃないのかな。

自分のことが不幸だなんて思っているわけじゃなく、でもなんかこう、しっくりこない、それは単にワガママと言われてしまうかもしれないけれど、父親の自分にしか出来ない事がちゃんと出来ているのか、、、そんなことを感じて、電話に敢えて出なかったんじゃないのかなと、私なぞは思ってしまった、きょうのちゃぼさんでした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする




*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク