風の羅針盤 | Destination of winds.

シグマ・Foveonスクウェアでレンズモニターキャンペーンをやっているぞ!

time 2016/11/10  所要時間:約 2

シグマ・Foveonスクウェアでレンズモニターキャンペーンをやっているぞ!

こんにちは。ちゃぼP(@chabo0429)です。

今日Facebookのタイムラインに、あの一眼レフレンズで有名なシグマのキャンペーンの情報が掲載されていました。

シグマ Art・Contemporaryラインレンズモニター
「シグマ・Foveonスクウェア」をご愛読くださっている皆様に、人気のレンズをご体感いただきたく、モニターキャンペーンを実施します。

レンズは、人気のArtラインの「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」に加え、Contemporaryラインの「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」、「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」をお貸出しいたします。

是非この機会にシグマ製品をお試しください。
下記の応募要項をご確認の上、奮ってご応募ください!

スポンサーリンク

フルサイズ一眼に対応した「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art」や「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」などがモニターできるらしい!

コレ、衝撃ですね。

応募はFacebookからのみのようですが、当選するとフルサイズの一眼レフにも対応している高価格帯のレンズを一定期間、無償でモニターできるみたいです。

今回対象となっているレンズは以下の3本。

sigma_campaign01

35mmのレンズと、150-600mmが一眼レフ用でどちらも10万円オーバークラスのレンズ。30mmのレンズはソニーのα6000シリーズなどのミラーレス、あとオリンパスやパナソニックのミラーレス用ということでしょうかね?

って、600mmってなんだ!

600mmということは、APS-CのEOS 80Dだと35mm換算で1.6倍なので、960mm相当!?

ひえー、ほぼ1000mmじゃん。素人のワタシじゃ無理かも・・・

 

ちなみに今回のモニターキャンペーンの注意事項としては、当選すると今年の12月中旬から来年の1月中旬までの約一ヶ月間、貸出してくれるみたいです。

あと、モニター期間中に撮影した画像の提供が必須のようですね。

詳しくは上のリンクを御覧くださいね。

で、ちゃぼPどれに応募したの?

モチロン、「150-600mm」ですがな!

だってさあ、600mmのズームレンズなんてこれから先買うかどうか(というかよっぽど必要じゃないと買わない)わからないですやん。

一度そんなレンズで撮影してみたいですねえ・・・ああ、でも壊したら大変だから、いざ当たったら怖くて持ち出せなさそう。

 

でもまあ、せっかくの機会です。相当応募数は多いとは思いますが、デジタル一眼をお持ちの方は応募してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク