風の羅針盤 | Destination of winds.

【WWDC2016】「OS X」から「macOS Sierra」へ。ハードウェアの発表はナシ!

time 2016/06/14  所要時間:約 2

【WWDC2016】「OS X」から「macOS Sierra」へ。ハードウェアの発表はナシ!

皆さまおはようございます。ちゃぼP(@chabo0429)です。

本日は深夜でもありますが、年に一回のAppleの大イベント、WWDC2016の発表についてお知らせしたいと思います。

期待されていた、ハードウェアの発表はありませんでしたね・・・残念!

ただ、次期OSについての発表がありました。他にもiOSやWatchOSなどの発表がありましたが、今回は個人的に興味があるMac関連についての速報を中心にお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

華々しく「WWDC2016」開幕!

WWDC201601

日本時間の6月13日AM2時にスタートしたWWDC2016。その模様はAppleの公式サイトで中継されましたが、日本語同時通訳として「http://www.macwebcaster.com/」で中継されました。

OS XはmacOS Sierraへ。新機能も数多く搭載

WWDC2016001

MacのOS名称が正式に変更となります。

これまでMacのOSは「OS X」としてリリースされ、「Yosemite」「El Capitan」などのコードネームがつけられていました。

現在の最新OSは「El Capitan」ですが、OS自体の名称が「OS X」から「macOS」に統一されます。

次バージョン以降はこのコードネームがつくのか、気になるところでしたが、・・・・・

「macOS Sierra」が新しいOSの名称です。

Universal Clipboardでデバイス間のコピーペーストが可能に

WWDC201603

iPhoneやiPad、Macなどのデバイス間でクリップボードを共有できるようになるようです。

iPhoneで見つけた気になるテキストを、MacBookで探す、という使い方ができるようになるのですね〜。

iCloud Driveに古いファイルを退避させて、Macのストレージを効率良く使えるように

WWDC201604

これまでも各デバイス間でiCloudを通して写真などの共有は行えましたが、デスクトップのファイルなどの共有が行えるようになるそうです。

加えて、ストレージ領域を圧迫する古いファイル群を、iCloudにアップして、Mac上のストレージ領域を確保する機能も追加されるとのこと。

これまでストレージ領域を確保するために、手動でファイルを削除していた手間が省けることになりそうです。

その他、

  • Apple Watchからオートログインが可能
  • Apple Pay搭載(Apple Payに対応した通販サイトでは、iPhoneの指紋認証で決済が可能)
  • 全てのアプリケーションで、タブ化
  • Siri対応

と発表されました。そしてこのOSのリリースはというと・・・

WWDC201614

秋のリリース。これは新型MacBook Air / MacBook Proのリリースのタイミングに合わせていると思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク