風の羅針盤 | Destination of winds.

【きょうのちゃぼP】秋の夜長に読書はイカガ?

time 2016/09/24  所要時間:約 2

【きょうのちゃぼP】秋の夜長に読書はイカガ?

こんばんは。ちゃぼP(@chabo0429)です。

前回の今日のちゃぼPからアイキャッチを変えたんですが、気づきましたか?

実はちょっと前に訪れたレストランのエントランスに飾ってあった額の写真なのですが、「一期一会」という言葉が何故か心に引っかかって撮った写真です。

「きょうのちゃぼP」なんて日記を書いていますけど、毎日やってくるその日その日は二度と同じ日はないでしょうし、他愛もない日常のことを書くには最適な写真かなと思い、使うことにしました。

一期一会、かあ。いい言葉だな。。

スポンサーリンク

書評書いてみたんですがどうでしたか?

【書評】新幹線を走らせた男〜十河信二という国鉄老総裁が今日のニッポンを作ったのだ | 風の羅針盤 | Destination of winds.
今日は、とっても面白い本を読んだので、慣れないことではありますが、書評をしてみたいと思います。

ワタシ、ビジネス書とか嫌いなんです。いかにも「売るための本」という感じがして(そりゃ出版社からして…

【書評】新幹線を走らせた男〜十河信二という一人の男が燃やした執念 | 風の羅針盤 | Destination of winds.
前回のつづき

http://www.omoide-soko.jp/apps/wordpress/shohyou/6339

十河信二が国鉄総裁に就任してからというもの、博物館から引っ張り出さ…

ま、レビュー中心のブログで書評って・・・ねえ(笑)

でもね、この本は本当に面白いです。もう少し簡潔に書ければ良かったんですが・・・

700ページのボリュームをまとめるのは前編後編の2回にまとめるのが精一杯でした。

どうやって書こうかとちょっと悩みましたが、書いてるうちにどんどん書きたいことが湧いてきて、こんな書評になってしまいましたが、コレが正しいのか正直わかりません(笑)

 

でも、私達が何気に普段使っているものだったり、文明だったりというものは、多かれ少なかれ、多くの人の夢と希望と情熱と執念が詰まっているものだんだと思います。きっとそう。

だから、そういう人たちの一途な思いというのはやっぱり面白いです。ビジネス書なんよっぽど役に立つと思うんですよね。あくまでも私感ですけど。

ぜひ読んでみて欲しい本です。分厚い本ですが、一気に読んでしまいました。ちゃぼP絶賛オススメの一冊!

読書の秋と言いますから、読書にふけるのも良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする




*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク