風の羅針盤 | Destination of winds.

【レビュー】森野帆布3WAYバッグを1ヶ月使ってみて~ブリーフケースはビジネスで大活躍だ!

time 2015/11/11  所要時間:約 4

【レビュー】森野帆布3WAYバッグを1ヶ月使ってみて~ブリーフケースはビジネスで大活躍だ!

こんにちは。勝手に森野帆布ファンクラブ会員のchaboです。

先日、森野帆布の3WAYバッグを購入したchaboなのですが、

一ヶ月ほど実際に使ってみたので、感想含めてレビューしたいと思います!

 

スポンサーリンク

「森野帆布」はカバン素材として最高

まず、森野帆布の素材が素晴らしいですね。写真を見ていただくと分かると思いますが、

森野帆布1

光の反射の仕方がナイロンなどの素材と全く違います。

ナイロンなどに比べて生地が滑らかで少し固めであるため、いい感じで光を反射します。

どちらかと言うと、コレはちょっと暗めの屋内とかで感じます。夜のバーなんかでオシャレですね。

 

森野帆布2

これは「シャックル」というもので、船舶で使用される金具です。元々森野帆布とは、「森野帆布船具工業所」という会社で作られている関係でこのシャックルが、トレードマーク代わりになっているのだと思います。

この写真のシャックルにつけられているキーチェーンは購入時に無料サービスでつけていただいたものです。

必要に応じ、ライトなどをつけておくのもいいですね。

収納は?

森野帆布3

外側のポケットです。

開くと2つのポケットと、写真のリングホルダーが装備されています。

大事なIDカードなど、失くしやすいものをつけておける細かい配慮がいいですね。

 

森野帆布4

メインの収納室。左側のおおきなポケットはPC収納用スペース。右側には小さなポケットが3つと上部にペンケースが設けられています。

今この写真は折り畳み傘と普段持ち歩き用ポーチが収められていますが、もちろん書類やペットボトルなど余裕で収納可能です。

 

森野帆布5

これはポーチ。中に入っているものはこちら。

メインPCスペースに入っているSurface3はInateckのフェルトケースに入っていますが、

森野帆布6

15インチサイズでも収納可能のようなので、Surface3なら余裕で入りますね。

 

森野帆布7

持ち手部分はボタンで留めることが出来ます。

ショルダーベルトにはパッドを装着!

森野帆布8

肩掛け部分にはGELTRONのショルダーパットを装着しています。

これは本当に肩掛け時には楽で、肩にかかる荷重を軽減してくれるスグレモノです。

 

森野帆布9

内部はゲル状のクッション材が入っていて、このように非常に柔らかい素材で出来ています。

ちなみに、サイズはMサイズです。

バックパックスタイルで3WAYの本領発揮!

森野帆布10

さて、一番背面側のファスナーの中に、バックパック用のベルトが収納されています。

普段はファスナーで隠されますので、目立ちません。

このベルトを引き出して・・・

森野帆布11

ベルト部分までファスナーを閉めます。

 

森野帆布12

引き出したベルトを下部のリングに留めます。

 

森野帆布13

ただ、このままだと背負うときにショルダベルトがだら~っと垂れてしまって邪魔ですよね。

そこで、コレをちょっとひと工夫します。

 

森野帆布14

ショルダーベルトの下部の留め具を外し、上部のリングに留めてしまいます。

 

森野帆布15

持ち手のポタンでショルダーベルトを留めてしまえば、ベルトが垂れることがなく、邪魔になりません。

 

森野帆布16

バックパック用のベルトは薄い素材ですが、クッションが入っていて、柔らかいです。

 

森野帆布17

裏側も通気性を考えられています。

 

森野帆布18

バックパック時の参考写真です。素人の自撮りなのでピンぼけしまくってますが(汗)

1ヶ月使ってみての感想は

ほぼ毎日持ち歩いているバッグですが、何よりスタイリッシュでカッコよく、人とかぶることもないので、非常に満足しています。

また、ちょっと長距離を歩くときはバックパックスタイルにもしていますが、本当にラク。

スーツのシーンにも合いますし、いざというときは背負ってしまえばいいので、荷物が増えても安心です。

コイツは本当にオススメ!!

ちょっと価格は高価ですが、長く使うカバンですから、いいものを長く使いたいという方、考えてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事



スポンサーリンク