風の羅針盤 | Destination of winds.

MacOS Sierraを10.12.1にアップデートしたら、スリープしなくなってしまったよ

time 2016/11/08  所要時間:約 3

MacOS Sierraを10.12.1にアップデートしたら、スリープしなくなってしまったよ

こんにちは。ちゃぼP(@chabo0429)です。

相変わらず毎日MacBook 12インチを酷使しているワタクシでございますが、最近モヤモヤしてたんですよね。

というのも、MacOSのアップデートが来たので、アップデートしたのが数日前だったんですが、それ以来、何をやってもMacBookがスリープしなくなってしまったのです。

sierra_1012108

通常ですと、ココを選択すると画面が消灯してスリープモードに入ります。ところが、何度やっても一瞬画面が消えてすぐにまた元の画面が表示される状態に・・・

ここ数日、コレが解決できず、モヤモヤしていました。

 

スポンサーリンク

まずは「省電力モード」をチェック

これまでは、画面を閉じて再度ひらくと、ロック解除パスワードの入力画面が表示されていたのですが、何故か数日前から画面を閉じて何時間も経っているのに、開くと通常のデスクトップ画面が表示されるようになってしまったのです。

バッテリーも前より減るようになってしまったみたいですし、コレはやっぱり「スリープモードに入っていない」と判断できたので、システム環境設定の画面から「省エネルギー」を開いてみました。

sierra_1012102

sierra_1012103

バッテリー駆動の状態でも、ACアダプタを繋いだ状態でも状況は変わりません。そこで関連しそうな項目「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを入れてみました。

ところが結果は変わらず・・・

うーん、なんで??

次に「アクティビティモニタ」でスリープを阻害しているアプリがないかチェック

システム環境設定の中には、それ以外に関連する項目がなさそうだったので、Google先生に指示を仰いだところ、アプリの「その他」に入っているアクティビティモニタでスリープに入るのを阻害しているアプリを起動していないかチェック出来るとのこと。

そこで早速アクティビティモニタを起動してみました。

sierra_1012107

この「非スリープ」の項目に「はい」の文字が入っているアプリが起動している場合、スリープに入らないのだそうですが、見たところ「はい」の文字が入っているアプリは見当たらず。

ここでもお手上げでした。グスン。

も、もしかして・・・

万策尽きたな、という感じでもう一度システム環境設定の画面を開いてみました。

sierra_1012104

そういえば、スリープから復帰する時は必ずパスワードを入力していたので、「もしかしてセキュリティ?」と思い至って、「セキュリティとプライバシー」をクリック。

sierra_1012105

「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」にチェックが外れてました(笑)

うそーん・・・

チェックを入れ、「開始後」を「すぐに」に設定して、画面を閉じ、再度開いてみると・・・

sierra_1012106

やったー!!

めでたくスリープ&ロック解除画面が復活!

盲点でしたね。しかしなんでチェックが外れたんだろう。ちょっと不思議。

でもこれで快適なMacBookの作業環境が復活です。

似たような現象に悩んでいる方が居ましたら、確認してみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク