風の羅針盤 | Destination of winds.

【連載】俺の相棒(1)~福井の厳しい冬の大地で感じる予感

time 2016/01/20  所要時間:約 2

【連載】俺の相棒(1)~福井の厳しい冬の大地で感じる予感

スポンサーリンク

序章

福井の荒島岳から冷たい風が頬を突き抜ける。

わたしは広い平野に佇み、焦燥感に駆られた。

 

福井の冬は我慢の季節だ。

空は暗く淀み、時折陽が差したかと思うと、白いものがちらりほらりと舞い降りてくる。

冬でありながら稲妻が其処此処で光り、地元の人間は「雪がみなりがやってきた」と口々に言う。

夜は「ゴォー」という雄たけびのような強い風が家屋の間を走り回り、夜が更けると分厚い雪にすべてが覆われる。

 

私はもう、この地に10年暮らしている。

早いものだ。

住めば都とはよく言ったもので、そんな厳しい冬の景色ももはや日常となってしまった。

雪景色

ただ、この冬は、何かがいつもと違う気がする。

何が違うのかはわからない。

雪の色も、風の香りも、雷の響きも、いつもと変わらないはずだ。

ただ、何かがいつもと違う気がするのだ。

違和感の正体

最近、わたしはブログ執筆という新しい趣味をはじめた。

特に何かを主題として書いているわけではない。

その日思ったこと、伝えたいこと、考えたことを書きとめている。

 

やってみるといろいろな発見があって、面白い。

最初は続けるのは結構大変だと思っていたが、書くことというのは意外とあるものだ。

考えてみると、惰性で毎日を生きているような感じでいるが、実はそうでもないということに気づかされる。

 

毎日、何かを感じ、何かを考える。

その連続が日常というものなのだろう。

その日常をブログに綴り、それをきっかけに新しい出会いがあり、人の繋がりが生まれたりする。

だから余計、面白い。

 

だが、この焦燥感はなんだろう。

寝ても覚めても、いつまでも心が消化不良をおこしているかのように、ふわふわとしている。

嫌な気分だ。

 

そんな気持ちの中で、ふと目の前の古ぼけたWindows7のインストールされたパソコンに目を遣る。

長年、労苦を共にしたパソコンだ。

「君はいつまで俺の相棒でいてくれるのだ?」

わたしは彼に、そう問いかけた。

 

答えはなかった。

アンチグレアのちょっと暗めの画面が、まるですべてを遣り終えた老躯のように見えた。

「老兵は、ただ消え去るのみ」

画面の向こう側で、微笑みながら古い相棒が呟いた気がした。

次回予告

荒涼とした福井の冬の大地で、筆者ちゃぼPが新しい相棒を探し始める旅が始まる!

筆舌に尽くし難し、渾身のドキュメンタリー。

次回乞うご期待!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする




*

この記事の関連カテゴリ

関連記事



スポンサーリンク