風の羅針盤 | Destination of winds.

【レビュー】Homscam 200万画素ネットワークカメラで愛犬ぽぽ君のお留守番も安心!

time 2017/10/14  所要時間:約 4

【レビュー】Homscam 200万画素ネットワークカメラで愛犬ぽぽ君のお留守番も安心!

こんにちは。ちゃぼ(@chabo0429)です。

今日はBelsmanjpさんから、ネットワークカメラの商品提供がありましたので、レビューしてみたいと思います。

ってか、ぽぽくんがウチにやってきて、まるでそれに合わせたかのタイミングです^^

スポンサーリンク

Homscam ネットワークカメラ 防犯カメラ 200万画素

実は先代犬のちゃぼ君が存命のときも、アイ・オー・データ機器のQwatchというネットワークカメラを使用していたのですが、現代のネットワークカメラはスゴイですね。進化にびっくりしました。

飾り気のないコンパクトな箱で届いたネットワークカメラ。ネットワークカメラというと、100万画素程度のものが多いようですが、こちらは200万画素のカメラとなっています。

 

中には、本体にACアダプタ、カメラを固定するネジ類と台座、そして簡単な日本語マニュアルが付いていました。

日本製の製品に比べたらとてもシンプルな構成です。

 

そしてこちらが本体。カメラはリモートでパン・チルトが行え、パンは左右350°の範囲で、チルトは90°の範囲で可能です。

 

このカメラは有線・無線でも使えます。有線で使う場合は家庭のルータなどにつながるLANケーブルを接続、無線の場合は必要ありません。電源は常時供給方式ですので、付属の電源ケーブルを接続します。

この他、MicroSDカードを装着すると、タイマー録画や動体検知録画がカメラ本体だけで行なえます。

設定してみた!

カメラ本体の設定は、スマホアプリで行います。まずは「VSmahome」というアプリをダウンロード。

ダウンロード後に起動します。

起動後はアカウントをまず作成して、画面の指示に従ってカメラを追加するだけ。とっても簡単でした。

無線で使用する場合は、WiFiのSSIDとパスワードが必要となりますので、あらかじめ用意しておいてください。

 

設定中に前面部分のLEDが点滅するので、ここのLEDの色を見ながら設定を進めてください。

 

底面にあるQRコードも設定時に必要です。

カメラは通常モードと暗視モードに対応!

カメラは通常光によるカラー画像に加え、暗視モードでの撮影も可能。

通常モードでのカメラの状態は何も光りません。

 

ぽぽ君寝てますね^^

とてもクッキリ映ってます。さすが200万画素という感じです。ちなみにピンチインでの拡大も可能で、スワイプすることによってカメラがパン・チルトします。とっても扱いやすいです。

 

続いてこれが暗視モードの状態。レンズの周りから赤外線が照射されているのがわかりますね。

こんなものでちゃんと映るのかとも思ってしまいますが・・・

 

ちゃんと映ってます。ぽぽ君トイレの上で遊んでます・・orz

こんな時には画面上のマイクのアイコンを長押しすると、こちらから話しかけることも出来ます。

まあ、余計騒いでしまうと思いますが・・・

 

スマホの画面からは、録画やスクリーンキャプチャも自由に行なえ、録画した画像や映像はクラウド上に保存されるようです。

あ、くれぐれも実際に使う時は家族の了承を得てからにしましょうね。盗撮されているようで気味悪いですからね・・・

三脚にも取付け可能

付属の金具でカメラを固定することも出来ますが、設置する場所がない場合は、底面の三脚穴を使って三脚に固定することも可能です。

我が家ではミニ三脚に取付けてみました。カメラ自体とても軽量なので、ちょうど良い感じですよ^^

 

パンさせて真後ろまで!部屋の中を一望できます。

 

まあ、これだと天井が映ってしまうだけなんですが、カメラを壁面や天井に設置した場合はとても高い利便性を発揮しますね!

さいごに。

というわけで、日中仕事で外出する私も毎日のように愛犬ぽぽ君を見守ることが可能になりました。

ホントは、ず~~~っと一緒に居たいけどね、ぽぽ君。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする




*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

人気の記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク