風の羅針盤 | Destination of winds.

【ReadyNAS】自宅のPCを簡単にWOL起動する 編

time 2015/07/22  所要時間:約 3

【ReadyNAS】自宅のPCを簡単にWOL起動する 編

いろいろと、ReadyNASにトラブルもあって、何とか再構築を完了したのですが、ついひと月ほど前に組んだ環境にもかかわらず、意外と覚えていないものです。年かなorz

とりあえず、ReadyNASのHTTP、IMAP&SMTP&WEBメール、LAN内のDHCPとDNS、VPNサーバまで構築できたのですが、折角手元にある「DY-UD200」をどうしても活用したく、先日まで使っていたノートPCも活用することにしました。

 

 

今はこんなにするんですね。私が購入した時は確か5,000円くらいでした。プレミアが付いてますねえ。

 

そういえば、このメーカーももうないんですよね。。

 

ノートPCはHPのEliteBook 2540p。Corei7シリーズの初期型ですが、結構がっちりしていて使いやすいPCでした。ちょっと重いですが。

 

SSDが飛んでしまったので、購入時に換装してはずしていた250GBのHDDを装着してリカバリしています。

 

ここにBONdriverとか、TVtestとかを入れたのですが、稼働は必要な時だけ電源が入っていればいいし、そのほうが節電にもなるし、PCもノートですから壊れやすいし、ということで、普段はスリープしておくことに。

 

でも、必要な時は起きておいて貰えないと困ります。録画予約や番組表の確認、あとはあまりないかもしれないですが、外出先からロケフリでTVや動画を見ることも行いたい。

 

そこで、WOLを利用することにしました。

 

PC側のWOL設定を確認して、LAN内でMagicPacketを送信してWakeすることを確認。VPNを立てているので、それで入れば簡単にWOLすることができます。

 

ただ、いちいちそのためにVPNを張るのも面倒なので、ブラウザからできないものかと。そこでこれを見つけました。

 

ReadyNAS側には「wakeonlan」と「fping」をインストールしました。それぞれ、apt-getでインストールできます。

 

なんでfpingなんだ?という件は誰もが思うところですが、ブラウザ経由でpingは実行できないためです。

 

スクリプトには

my $match = ping -c 1 -w 1 $ipaddr{$key};

と記載がありましたが、これだと、どこにpingを投げても、「Dead」となってしまいます。

syslogを見ると、

apache2[30982]: [error] [client 192.168.xxx.xxx] ping: permission denied (are you root?), referer: https://hogehoge.com/home_pc_admin.cgi

と怒られます。回避策としてfpingをインストールします。

 

ただし、返り値が若干異なるので、

– if ($match =~ /1 received/gsm) {

+ if ($match =~ /alive/) {

としてみました。すると・・

192.168.xxx.xxx(hogepc) は 稼働中です

うまくきました!

 

しかし、pingで悩むことになるとは。。

 

何はともあれ、WOLもできて生存確認も可能になって、一気に利便性アップです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする




*

この記事の関連カテゴリ

関連記事



スポンサーリンク