風の羅針盤 | Destination of winds.

【レビュー】超軽量4Port USB充電器「iClever 4ポート」出張行くならコレじゃない!?

time 2016/10/16  所要時間:約 5

【レビュー】超軽量4Port USB充電器「iClever 4ポート」出張行くならコレじゃない!?

気がつけば、我が家はUSB充電器だらけになってしまった。

気がつけばiPhoneやMacBook 12インチ、それからモバイルバッテリーにモバイルルータ、ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンなど、USB経由で充電するものばかり。

USB経由で充電しないものは、EOS 80Dのバッテリーくらいか。

ともかく、ワタシの周りにはUSB充電しなければならない機器たちが溢れている。

で、当然のことながら、USB充電器もいろいろあって、とにかく軽くて小さく、効率の良いものが一番なのであるが、これまで量販店の店頭で購入したUSB充電器は価格もソコソコする割には高性能とは言い難かったのだった。

以来ワタシはAmazonで購入したAnkerのPowerPortシリーズを使っていたのである。とにかくAnkerの製品は、USB充電器に限らず、モバイルバッテリーなど他の製品についても信頼性や完成度も抜群だ。

だが、そんなAnkerの牙城を崩すかのごとく、先日hisgadgetさんから、サンプル提供頂いたiCleverの2PortUSB充電器がトンデモ性能を発揮したのを目の当たりにしてしまう。

【レビュー】たった2,000円のiClever 2ポート USB充電器がとんでもないシロモノだった! | 風の羅針盤 | Destination of winds.
驚きというものは、意外に身近に転がっていたりする。

私はいつもサンプル品の提供でお世話になっているhisgadgetさんから、数日前一通のメールを受け取った。

内容はサンプル提供の申し入れ…

この2Portの充電器、AnkerのPowerPort2よりも軽いくせに、出力は高いというトンデモ仕様だった。

以来、私の普段持ち歩く「ひらくPCバッグmini」には常にこの充電器が入ることとなった。喫茶店だろうが新幹線だろうが、コレがあればバッテリーの減ったガジェットもすばやく急速充電が可能だ。なんてスバラシイ!!

そんなhisgadgetさんから、今度は同じモデルの4Portのモデルを提供頂いたので、レビューしてみたいと思う!

スポンサーリンク

iClever 4ポート USB充電器 8A 40W IC-TC04

まずは、外観。

icleaver_4port01

先に提供された2Portのモデルと並べてみると、2port分大きくなっているのが分かる。色も微妙に違って、若干4Portの方はクリーム色だ。

 

icleaver_4port02

外観的にはどちらもほとんど同じデザインで、Ankerのものよりスッキリした印象だ。

 

icleaver_4port04

左がAnkerのモデルで、右がiCleverのモデルだ。全体的にAnkerの方が丸みを帯びていて、前面ベゼルがグレーのデザインでマット調になっている。最上部には充電状態を示すLEDが常備。

一方のiCleverの方はと言うと、LEDの類は無しでベゼルもなく、エッジが直線的だ。

 

icleaver_4port05

同じ4Portのモデル同士、AnkerとiCleverの仕様を比べてみた。

コレが全く同じで、出力はどちらもMax8Aとのことのようだ。1Portあたりの最大出力は2.4Aだから、同時にすべてのポートで2.4Aを供給することはできないが、それほどヘビーな使い方をすることもないので、充分な容量を持っている。

iCleverの方は、USBの内部に青色のLEDが施されていた

icleaver_4port06

どうせならと、Ankerの充電器とiCleverの充電器をOAタップに並べて挿してみた。コレだけあると、合計12個のUSB機器を充電できる。まあ、そんなことはしないけれど(笑)

 

icleaver_4port07

おお、LEDがこんなところに隠れていたか!イルミネージョン的な感じで特に充電状態を示すものではないけれど、さり気なく通電状態を示すこのデザインは結構好きだ。

給電能力を測定してみた!

外観には少々の違いはあれど、重要なのはやっぱり性能だ。いくら安くても、性能の低いUSB充電器なら二度と使うことはないだろう。デスクの引き出しにたくさん眠っている「使わないガジェット」の一つになってしまうに違いない。

icleaver_4port09

これは、AnkerのPowerPort4にMacBook 12インチを接続して充電しているところ。うーん、辛うじて2Aが出ている状態で、コレだとちょっとMacBookの充電には力不足な感じがする。もちろん、iPhoneの充電には何の不足もないのだが。

 

icleaver_4port08

そして、これがiCleverの充電器。2.24Aがシッカリと出ている。MacBookの充電には言うまでもなくUSB-PDで充電するに越したことはないが、コレだけの給電能力を持っているなら、緊急用としてこの充電器を使うことはアリなんじゃないかと思う。

うーん、iCleaver、恐るべしだ。

重さの比較

そして最後に重さの比較だ。やはりUSB充電器はバッグに忍ばせておくものである以上、軽いに越したことはない。

icleaver_4port11

Ankerの方はというと、139gだった。まあ、こんなものかというところかな。決して「重い」と感じるレベルではない。むしろ4Portの充電器としてはメチャメチャコンパクトで軽いと言える。

 

icleaver_4port10

ところがだ。なんとiCleverの方はたった127gしかない。

Ankerより給電能力は高いのに、Ankerより軽い。なんということでしょう~(笑)

なんか、ここまで来ると、別にAnkerを選ぶ必要がない気がしてくる。スゲー。

さいごに。

hisgadgetさんはいつもこんな優秀なガジェットをワタシに提供してくれるので、その度に驚かされることが多い。

ワタシはこういった小型の「ナイスなガジェット」が大好きなので、気に入ったものがあるとさっさとバッグの中身を入れ替えてしまう癖を持っているが、お陰で今回のこの充電器が晴れて「ひらくPCバッグ」のレギュラーガジェットとなった。

喫茶店など外出先で電源を取ることが多い人や、出張で宿泊先のホテルで幾つかのガジェットを充電する人には、ハッキリ言ってiCleverのUSB充電器をオススメする。

だって、能力が高くて小型軽量。コレだけで充分魅力的じゃないですか??

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアしてくれると、ちゃぼPめっちゃよろこびます^^v

down

コメントする





*

この記事の関連カテゴリ

関連記事

Twitter でフォロー



スポンサーリンク